リスクヘッジの手段に使える

三社間ファクタリングの豆知識

リスクヘッジの手段に使える

リスクヘッジの手段に使える ファクタリングは売掛債権を活用した金融サービスで、過去の事業実績や担保となる資産の有無などが問われないことから、金融機関の融資を受けることが困難な企業等にも利用できるとして人気を集めています。
ファクタリングでは、入金期限が未到来の売上金、すなわち売掛債権を専門の買取業者に売り渡すことでその代金を得ます。
つまり、売掛金を前倒しで現金化することができるわけです。そのため、比較的短期の資金繰りを改善できるというメリットが得られます。
ファクタリングにはもう1つ、貸し倒れリスクを低減できるというメリットもあります。
債権を売り渡すということは資金を回収する権利そのものを譲渡することになるため、万が一売掛先の倒産などによって回収が困難になったとしても、それは買取業者側のリスクとなります。
もちろん、そうした「危険な」債権はそれだけ買取時の手数料も高くなり、結果的に手にできるキャッシュも目減りしますが、それでもそのまま回収不能になるという事態は避けることができます。

ファクタリングなら債権の前倒し現金化で資金繰りを改善できる

ファクタリングなら債権の前倒し現金化で資金繰りを改善できる わが国における商取引では、商品やサービスを先に提供して代金の支払いは後から受けるという、掛取引が広く行われています。この時、売り手側に発生する代金の回収権を売掛債権といいます。
売掛債権は帳簿上ではすでに売上として計上されていますが、実際には入金されてはいません。当然ながら、日々発生する費用の支払いなどに充てることができません。
そのため、入金と支払いのタイミングがずれると帳簿上は黒字なのにも関わらず資金繰りに支障が生じてしまうおそれがあります。
こうした問題を解決するのに有効な手段の1つが、ファクタリングです。
ファクタリングは金融サービスの一種で、売掛債権を専門業者に買い取ってもらうことで、その対価を得ます。
つまり、取引先から代金が入金される前であっても現金を手にすることができるわけです。
したがって、たとえば入金期限は月末だが25日には社員に給与を支払わなければならない、といった事態にもあわてることなく対応することが可能になります。