調達できる金額を解説

三社間ファクタリングの豆知識

調達できる金額を解説

調達できる金額を解説 突発的な現金需要に対応できる資金調達方法として、様々な業種の経営者から支持されているのがファクタリングです。
基本的に売掛金さえあれば創業年数や経営状態などに関係なく利用できるため、個人事業主から中小企業の経営者に好んで利用されているわけですが、具体的にはどの程度の金額が調達できるのでしょうか。

ファクタリング業者は大きく分けると、独立系・ノンバンク系・銀行系と3つの系統に分類できるのですが、どの系統の業者なのかによって最低申込金額は違ってきます。
独立系の場合、10万円や30万円といった小口の取引に対応しているため個人事業主や零細企業の経営者などにおすすめできます。
一方でノンバンク系の場合は最低100万円からの申し込みとなっているケースが多いですし、銀行系の場合は200万円や300万円と最低利用額がやや高めに設定されている点を覚えておきましょう。
またいずれも場合も2社間よりも3社間取引の方が手数料が安くて済みます。

ファクタリングを資金調達に活用するメリット

ファクタリングを資金調達に活用するメリット ファクタリングを資金調達に活用することにより、取引先の支払いサイトに左右されることのない、柔軟な経営が実現するようになります。
景気の影響により、支払いサイトが長期化する傾向が見られるなか、多くの事業者で資金繰りの問題を早期に解決することが求められています。
売掛金を早期に現金化できるファクタリングは、資本余力のない企業にとっては多大なメリットがあるのです。
繁忙期が訪れたタイミングや、設備投資が必要となった際に、相手先からの入金を待つことなく、運転資金の調達が可能になるからです。
ファクタリングの種類には、取引先の承諾を得る形の3社間ファクタリングと呼ばれるものと、債権を直接買い取ってもらうタイプがあります。
売掛債権を直接買い取ってもらう形であれば、取引先に自社の財務状態を知られることはなくなります。
業者によっては、債権を短期間で現金化できるところも少なくはありません。
スピーディに必要な資金を手に入れられる点が、多くの事業者に債権の現金化が好まれる理由なのです。