三社間ファクタリングについて解説します!

三社間ファクタリングの豆知識

このサイトは三社間ファクタリングの詳細について解説しているサイトです。
昨今名前を聞く事も増えてきた方法論ですが、その詳細は色々と入り組んでおり使う場合にはそれぞれの特徴をしっかり把握しておかないといけません。
そこで今回メリットやデメリット、利用する場合に注意しておかなければいけないポイント等について5つ程解説していきますので、利用を考えている場合や興味がある項目があった場合には、しっかりチェックする事をお勧めします。

三社間ファクタリングの特徴

三社間ファクタリングの特徴 三社間ファクタリングとは、納入業者とファクタリング会社と売掛先の3つで行われる方法を指します。
特徴としては、まず納入業者がファクタリングをやっても良いかを売掛先に依頼する事が、第1段取です。
此処でOKが出るとファクタリング会社から手数料分を差引いたお金が納入業者の方に行き、売掛先はファクタリング会社の方にお金を支払う事になります。
現金化の速度も早い場合では、即日に工面してもらえる事も多いので手数料分の差引きを考えたとしても現金化を急ぎたい中小企業にとっては大きいメリットがあります。
ただし、幾つか要注意部分もあり、それが影響し利用者数から見ると二社間型の方が多いという現実もあります。
そういったメリットとデメリットを秤にかけた上で、慎重に利用する方式を選択しないといけません。

三社間ファクタリングの特徴とメリットについて

三社間ファクタリングの特徴とメリットについて 三社間ファクタリングでは、通常の商取引による売掛債権が発生したら利用者が資金調達の必要性を判断した上でファクタリング会社に申込を行います。
このサービスを利用するには審査の前に取引先企業の承諾が必要になるため、利用者は取引先企業に説明を行い承諾書に署名・捺印をもらわなければなりません。
ファクタリング会社によっては利用者と同行して説明を行ってくれる場合もあります。
承諾が得られたら審査を行い、問題がなければ債権譲渡契約を締結します。
その後ファクタリング会社は手数料を控除した買取金額を利用者の口座に入金し、取引先企業は売掛債権の支払期日までにファクタリング会社の口座へ入金することになります。
三社間で取引を行う場合には貸し倒れのリスクが少ないため、二社間の場合と比較して手数料が安いというメリットが存在します。
一般的に二社で取引を行う場合の手数料相場は売掛債権の6%から40%とされていますが、三社で取引を行う場合は1%から5%ほどです。
貸し倒れのリスクが少ないため、審査も二社間の場合より緩やかに行われます。
売掛債権の譲渡は売買契約であり消費貸借契約ではないので、貸金業法などの適用を受けません。
貸金業ではなく簡単に市場参入できるため、三社間でのサービスを多くの大手企業が提供しています。

ファクタリングを利用したときの注意点と継続利用

売掛債権は償還日を待つことができれば満額お金が手元に入ってきます。ファクタリングを利用したら早めにお金が入ってきますが、手数料を支払わなくてはならないぶん、結果として手元に残るお金が少なくなるのがデメリットです。特に注意しなくてはならないのが、資金繰りが悪化して返済に充てるためにファクタリングを利用する場合です。将来は行ってくるお金を早めに使い尽くしてしまうことになるため、次の月の支払いでもまたお金に困ってしまう可能性が出てくるのです。そうなると再びファクタリングを利用することになり、そのループから抜け出せなくなります。回数を重ねれば重ねるほど手数料の金額も積み重なるので、キャッシュフローが悪化して最終的には支払いもできなくなってしまうかもしれません。そうならないためにも、その支払いは急を要するものなのかよく考え、待ってもらうことができるのであれば待ってもらったほうが自分にとっても支払先にとっても良い判断と言えます。支払いが厳しい場合は相談する勇気も忘れないようにしましょう。

ファクタリングなら銀行で融資を得ることができないときも安心

事業継続のために大事なのは、キャッシュを確保することです。キャッシュ、つまり現金が常に一定以上のレベルで維持されてないかぎり、運転資金の枯渇による倒産のリスクに直面することになります。新規事業のための資材調達や器具購入、外部企業への外注など常に相応の資金需要が存在します。このような状況では銀行などの取引先金融機関からの融資を得るのが正攻法ですが、企業の経営状況や財務状態によっては銀行からの融資を取り付けることが難しいことが珍しくありません。このようにめぼしい担保もなく、財務状況が芳しくない場合でも確実に現金を確保する手段に、ファクタリング取引があります。ファクタリング取引とは、取引先に対して保有する売掛金再建を、支払期日前に売却してキャッシュを確保するという取引のことです。ファクタリング取引を利用するメリットは、売掛金債権を売買するだけなので、債務を増加させることなく現金を確保できる点にあります。

おすすめのファクタリング情報サイト

消毒業者 比較